ViTAKT(ヴィタクト) サクランとは

MENU

ViTAKT(ヴィタクト)に含まれているサクランとは何?

ViTAKT

ViTAKTに配合されている3大成分の一つ「サクラン」ですが、初めて聞いた方も多いはずです。

 

私もViTAKTを使ってサクランの存在を初めて知ったのですが、コチラではサクランについての効果や効能などをまとめてみました!

 

サクランってどんな成分なの?

サクランは保湿成分の一つであり、なんとヒアルロン酸の5倍もの保水力に優れていると言われている、新しい美容成分でもあります。

 

この保水力は実験でも証明されているものなので、保湿力に関してはお墨付きだとも言えるでしょう。

 

本名は「スイゼンジノリ」

サクランの本名は「スイゼンジノリ」といって、実はノリから抽出されている成分なのです。

 

このノリはミネラルや水分をたっぷり含んでいるノリであり、希少価値が高いものとしても扱われているのです。

 

しかも、このスイゼンジノリ1Kgに対して7gしか採れない貴重な成分でもあります。

 

サクランの働き

サクランはヒアルロン酸と同じく分子構造が大きいので、肌の内部まで浸透しない成分です。

 

なので、ヒアルロン酸と同じく肌表面に留まり、潤いで肌表面を乾燥から守る働きがありますが、その保水力はヒアルロン酸の5倍ともいわれているので、長時間の保湿ケアが可能なんです。

 

また、サクランの一つの特徴として「塩分と調和する事で2倍近くゲル化する」という特徴があり、汗と調和する事で更に保湿力があがるという珍しいタイプの成分でもあるんです。

 

実際に私も使ってみましたが、しっとりと汗をかいた時が一番肌の調子が良く見えたのはサクランの特徴の1つだったんだなぁって実感しています。

 

乾燥肌・敏感肌対策に最適

サクランの特徴をまとめていますが、ヒアルロン酸と同じく保湿力の高い成分として注目されている成分です。

 

なので、乾燥肌や敏感肌のケアにおススメされています^^

 

汗と調和する事で更に保湿力が上がるという珍しいタイプの成分でもあるので、しっかり保湿ケアしたい!という方はぜひ使ってみて下さいね(^^)/