ViTAKT(ヴィタクト) 天然セラミドとは

MENU

ViTAKT(ヴィタクト)に含まれている天然セラミドとは何?

ViTAKT

ViTAKTには厳選されている美容成分がたっぷり配合されていますが、その中の一つに「天然セラミド」というものがあります。

 

この天然セラミドは一体どんな働きをしてくれるのか、コチラで詳しく解説していきたいと思います^^!

 

天然セラミドとは何か?

セラミドは、お肌の保湿成分として沢山の化粧品に配合されている成分の一つでもあります。

 

肌にもともと存在している保湿因子であり、お肌の乾燥は「セラミド不足」が原因だと言われているので、セラミドを化粧品で効率よく取り入れてあげる事で、保湿ケアが出来るともいわれているのですが…

 

このセラミドにはいくつか種類がありますが、ViTAKTに含まれているのは「天然セラミド」になります。

 

まずはセラミドの種類と、天然セラミドがどんな働きをしてくれるのかまとめいます。

 

セラミドの種類
天然セラミド

動物由来のセラミドで、人の肌との馴染みがよく、浸透しやすいというメリットがあります。また、私達がもともと持っているセラミドと同等の働きでお肌をケアしてくれるので、継続して使う事で本来のセラミド生成の働きをサポート!
ただ、動物由来の天然セラミドはどうしても値段が高くなってしまう傾向にあります。

 

植物性セラミド

植物から抽出されたセラミドによくにた働きを行う成分の事で、「コメヌカスフィンゴ糖脂質」などがこれに当てはまります。
植物由来なので肌への刺激が少なく、安心して使えるというメリットがあります。値段も比較的安いのも特徴的です。

 

バイオセラミド

バイオセラミドは酵母から作られているセラミドで、人の肌にもともと存在するセラミドを真似て作られているものです。
ヒト型セラミドという別名もある事から、肌にあるセラミドと同じ分子構造をしているのも特徴。値段も安く、酵母から作られているので安全性も高いと言われています。

 

合成セラミド

科学的に作られたセラミドで、お肌にあるセラミドと似ている分子構造で作られています。
ただ、「セラミド」ではなく、セラミドに似た構造というだけですので、「疑似セラミド」なんて呼ばれてもいます。